カードローンとキャッシングの違い

MENU

カードローンとキャッシングの違い

カードローンとは、カードを使った借り入れの事を指します。銀行がキャッシュカードを導入したときに、同じような機能を応用して消費者金融がカードの利用を始めたのが始まりです。カードを使うというだけのことですから、借入をする方法をさすのだと考えるのが良いでしょう。

 

キャッシングとは個人向けの無担保の融資を指します。個人が借入をするときに、担保や保証人を必要とせずに借り入れのできるサービスなのです。融資の特徴を現したものだといえるでしょう。

 

この二つの言葉が同じような意味で使われている理由は、キャッシングの多くでカードが利硫黄されているという現実があります。しかし、まったく同じ意味ではないという例もあります。

 

最近ではネットキャッシングと言って、カードを用いないキャッシングのサービスがありますから、これはカードローンではないと言えるでしょう。また、不動産などの資産を持っている人に対して貸付を行う不動産担保ローンはキャッシングではありませんが、最近ではカードを使って借入をすることができるものもたくさんありますから、これはカードローンだということができます。

 

このように、基本的な意味は異なりますが、同じような意味で使われれているのが現状なのです。