お金 借りる 金融機関

MENU

お金を借りる金融機関の種類について

お金を借りようと思ったときには色々な金融機関に相談をすることになると思いますが、このときには金融機関の種類について把握しておくことが必要となってきます。お金を借りることのできる金融機関は、大きく分けると銀行と貸金業者の二つになります。

 

この二つの違いは法律による違いだと言えるでしょう。銀行として営業をするためには、銀行法という法律を守ることが必要となってきます。この法律によって様々な規制がなされていると言えるでしょう。貸金業者として営業をするためには貸金業法という法律が適用されます。この法律にも色々な規制があります。

 

お金を借りることが必要となったときには、どれだけ借りたいのかということや、あるいは金利がどれくらいなのかということを把握した上で選んでいくことが必要となってくるのですが、これらについても法律による制限はあります。

 

そして、この法律の制限が異なっているという点に注意しておきましょう。

 

総括的に見れば、お金を借りるときの規制は貸金業法のほうが厳しいという傾向があります。

 

ですから、大きな資金を借りたいと言うときには銀行のほうが適していると言えるでしょう。
ただ、銀行は審査が厳しいですから、審査に通りにくいのであれば貸金業者を利用するのが良いです。