お金 借りる 公的制度

MENU

お金を借りる前に公的制度を再度確認する

最近は、金機関や消費者金融業者からお金を借りることが大変利用しやすくなってきています。数年前に改定された金融商品関連法案のおかげで悪徳な業者が減少し、優良な業者が相対的に多くなったことが要因と言えます。

 

しかし、お金を借りるという事実に変わりはないので、返済にかかる利息負担は当然発生します。借入をせずに生活資金を賄えるに越したことはありません。現在は、さまざまな公的補助制度があるので、それらを漏れなく利用しないともったいないです。

 

子供がいる家庭では、子ども手当てといって、月額1万5,000円の支給が行なわれています。支給自体は年に3回、4カ月分をまとめて銀行振り込みされます。収入による上限設定はありますが、通常のサラリーマン家庭などでしたらまず支給されるものです。

 

これを受領するには自動的というわけにはいかず、市区町村に申請をする必要があります。年度ごとの更新が必要で、忘れず行なわないといけません。

 

 

月額1万5,000円といってもあなどることなく、確実に受領しておきたいところです。

 

 

子育てにかかる費用は身の回り品をそろえるだけでもばかにならず、負担がかなり大きくなります。これ以外にもお得な公的制度はあるので、お金を借りる前にそれら申請を漏らしていないか再度チェックする事をお勧めします。