カードローンのリスクは全く無い

MENU

カードローンのリスクは全く無い

個人に対して金銭を融資する機関は二つしかあります。
消費者金融、そしてサラ金業者です。
この二つは全く性質を異にしており、中でも消費者金融は全く危険性のない金融機関と断言できるのです。
なぜこのように言えるのかと言うと、消費者金融は銀行グループの傘下に入っている機関だからです。

 

カードローンというのは、ほとんどが消費者金融という機関がサービスを提供しています。
だからこそ、利用する際のリスクが全くないのです。
元々、合法的に個人消費者向けに対して融資を行っている機関というのは消費者金融しかありません。
サラ金業者は非合法の団体ですので、消費者金融が提供しているようなサービスは提供出来ないのです。
信用性の高いカードローンはその典型です。

 

そして、大手の消費者金融が銀行の傘下に入ったことで、消費者向けに展開されるサービスもより銀行に近いものになりました。
銀行は国内で最も信用性の高い機関ですので、そのグループの傘下に入っている消費者金融の市場からの評価も非常に高いのです。
その証拠に、銀行の側にカードローンを利用できる消費者金融用のATMが設置されている場所が多くなりました。
これは銀行が消費者向けのサービスを積極的に展開しているからに他なりません。
これほどリスクの低いローンは存在しないのです。